【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】酒かすチーズケーキ人気 岡崎の老舗酒蔵がカフェ、9下旬まで営業

【愛知】酒かすチーズケーキ人気 岡崎の老舗酒蔵がカフェ、9下旬まで営業

ジャンル・エリア : その他 | グルメ | 愛知  2020年09月03日

酒かすを使ったチーズケーキなどを提供するカフェを開店した柴田副社長=岡崎市保久町の柴田酒造場で

酒かすを使ったチーズケーキなどを提供するカフェを開店した柴田副社長=岡崎市保久町の柴田酒造場で

 岡崎市保久町の老舗酒蔵「柴田酒造場」は8月、敷地内で酒かすなどを使ったスイーツが楽しめる「蔵cafe(カフェ) 一合」をオープンした。営業は土日曜・祝日のみで、酒造りが始まる22日まで。 (鎌田旭昇)

 人気メニューは、日本酒の製造過程でできた酒かすを生地に練り込んだチーズケーキ(税込み600円)。後味に特有の香りをほのかに感じることができる。

 このほか甘酒や地元の果物を使ったジェラート(いずれも税込み700円)や、日本酒の仕込み水に使われるわき水「神水(かんずい)」で入れたコーヒー(税込み500円)などを楽しめる。日本酒は販売しているが、カフェでは提供しない。

 いわゆる「若者の酒離れ」が近年進み、国内の日本酒の消費量が落ち込んでいる。カフェは「日本酒の魅力を知るきっかけにしてほしい」と、柴田佑紀副社長(30)が企画した。

 カフェは、江戸末期‐明治初期に米倉庫として建てられ、近年は物置となっていた土蔵を活用。歴史を感じ、ゆったりとできる空間を演出した。8月は20~30代の客層が多く、1日約50組の来客があったという。

 柴田副社長は「岡崎、豊田両市の市街地から車で30分ほど。ドライブも兼ねて豊かな自然と昔ながらの酒蔵など非日常の雰囲気を味わってほしい」と来店を呼び掛ける。営業は午前11時~午後3時。(問)柴田酒造場=0564(84)2007

旅コラム
国内
海外