【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】大津・西教寺がライトアップ 唐門に重厚感、光秀の兜の演出も

【滋賀】大津・西教寺がライトアップ 唐門に重厚感、光秀の兜の演出も

ジャンル・エリア : 神社・仏閣 | 近畿  2020年10月02日

ライトアップの演出が新しくなった唐門=大津市坂本の西教寺で

ライトアップの演出が新しくなった唐門=大津市坂本の西教寺で

 大津市の比叡山坂本エリア一帯のライトアップ(びわ湖大津観光協会主催)が1日から、西教寺を皮切りに始まった。点灯は12月6日まで。午後5時~午後8時半で、入場無料。

 期間中は、入り口の総門や唐門などの境内の名所が、210個を超えるライトに照らされる。

 同寺は大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の主人公・明智光秀の菩提(ぼだい)寺でもあり、今年は本堂(国重要文化財)に、ロゴライトで光秀の兜(かぶと)を映し出す演出も加わった。

 境内を彩るのは、光秀の桔梗紋の色や、新型コロナ禍の医療従事者に対する感謝を意識した、ブルーライトが中心。禅明坊の竹林や石垣を生かした演出もある。

 さらに、11月7日からは、日吉大社と滋賀院門跡、日吉参道も会場になる予定。

 (土井紫)

旅コラム
国内
海外