【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】錦秋、密避け昼に楽しんで 香嵐渓で紅葉見ごろ

【愛知】錦秋、密避け昼に楽しんで 香嵐渓で紅葉見ごろ

ジャンル・エリア : 愛知 | 紅葉 | 自然  2020年11月18日

見ごろを迎えた香嵐渓の紅葉=豊田市足助町で

見ごろを迎えた香嵐渓の紅葉=豊田市足助町で

 東海地方随一の紅葉の名所、豊田市足助町の香嵐渓で、約4000本のモミジが見ごろを迎えている。17日には赤く染まった絶景を一目見ようと大勢が訪れた。

 足助観光協会によると、紅葉は例年より1週間ほど早い。このところの冷え込みで紅葉が一気に進んだ。今週末にピークを迎えるが、飯盛山の山頂付近などでは、まだ色づいていない木々もあり、今月末まで楽しめるという。

 名古屋市緑区から撮影に訪れたアマチュア写真家の加藤森さん(39)は「とてもきれい。新型コロナであまり外出できない分、自然から元気をもらえた」と笑顔だった。

 香嵐渓は今年で命名から90周年。さまざまなイベントが予定されたが、コロナ禍で規模の縮小や中止を余儀なくされ、夜のライトアップも取りやめた。

 同協会の田口敏男会長は「ライトアップが中止になったので、日中に人が殺到することが予想される。渋滞などの情報を確認し、余裕を持って紅葉を楽しんでほしい」と話した。(小野開栄)

旅コラム
国内
海外