【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】2季ぶりの“ようこそ” 大倉岳高原スキー場 積雪65センチ

【石川】2季ぶりの“ようこそ” 大倉岳高原スキー場 積雪65センチ

ジャンル・エリア : スポーツ | 石川 | 自然  2020年12月23日

営業が始まった大倉岳高原スキー場でスノーボードを楽しむ利用客=小松市尾小屋町で

営業が始まった大倉岳高原スキー場でスノーボードを楽しむ利用客=小松市尾小屋町で

12月オープンは6年ぶり

 小松市尾小屋町の大倉岳高原スキー場が22日、今季の営業を始めた。昨冬は記録的な暖冬による雪不足で、スキー場が市営になった1979(昭和54)年以来初めて、一日も営業ができなかった。二季ぶりのゲレンデを愛好家たちが楽しんだ。

 スキー場が12月中にオープンするのは2014年以来、6年ぶり。15日に初雪、18日以降の寒波でまとまった雪が降り、営業を決めた。22日朝の積雪はロッジ前45センチ、山頂65センチ。積雪状況によるが、来年3月14日まで営業予定で、期間中、4万人の来場者数を見込む。

 新型コロナウイルス対策のため、利用者にはマスクなどで口を覆うよう義務化し、検温や消毒の協力を求める。食堂の座席は半分以下に減らし、アクリル板を設置。30分以内の利用とし、短時間で提供できるメニューにしぼった。

 難波修平所長(67)は「昨年、一昨年が雪不足でほぼ営業できなかった分、安心安全のゲレンデを提供したい」と話した。

 友人とスノーボードをした同市串町の会社員の男性(59)は「初日が楽しみで夜勤明けに来た。年内から滑れてうれしい」と話した。

 営業は午前8時~午後9時半。1日リフト券は、大人3700円、中学生以下2600円。午後5時以降のナイター券はいずれも2100円。(問)大倉岳高原スキー場 0761(67)1426
 (井上京佳)

旅コラム
国内
海外