【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】琵琶湖上から眺める冬景色いかが 感染対策しクルーズ船運航

【滋賀】琵琶湖上から眺める冬景色いかが 感染対策しクルーズ船運航

ジャンル・エリア : サブカルチャー | 乗り物 | 歴史 | 自然 | 近畿  2021年01月18日

比良山系と琵琶湖大橋を間近に楽しめる雪見船クルーズ

比良山系と琵琶湖大橋を間近に楽しめる雪見船クルーズ

 県内の観光業者でつくるびわ湖雪見船協議会と琵琶湖汽船(大津市)が、冬季限定の雪見船クルーズの運航を始めた。昨年末から年始にかけての寒波の影響で、美しく雪化粧した山々を例年より早く楽しめる。3月6日まで。

 1983年から始まったクルーズは、大津−長浜を2時間20分かけて縦断する。冠雪した比良山系や伊吹山、湖面をわたる水鳥など、琵琶湖ならではの冬景色を楽しめるとして人気を集めている。今年は新型コロナウイルス感染対策として、乗客を最大で座席数の40%程度に制限。船内での弁当や軽食、アルコール類の販売を中止し、観光ガイドの案内も最小限とした。

 開催中の観光キャンペーン「戦国ワンダーランド滋賀・びわ湖」にあわせ、戦国武将ゆかりの地を記した戦国マップや、特製絵はがきのプレゼントも。絵はがきに記されたQRコードにスマートフォンをかざすと「戦国武将なりきりARフォトフレーム」が現れ、明智光秀や織田信長のかぶとをかぶった写真を撮ることができる。

 往路は午前10時に大津港発、復路は午後2時に長浜港発。事前予約が必要。1月は土日のみ、2、3月は原則毎日運航。大人片道3100円。大津港に戻る往復乗船(5000円)も可能だが、弁当販売がないため片道乗船を勧めている。(問)琵琶湖汽船予約センター=077(524)5000
 (池田千晶)

旅コラム
国内
海外