【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】ロウバイ甘い香り 近江八幡

【滋賀】ロウバイ甘い香り 近江八幡

ジャンル・エリア : 神社・仏閣 | | 近畿  2021年01月28日

見頃を迎え、境内に甘い香りを漂わせるロウバイ=近江八幡市の沙沙貴神社で

見頃を迎え、境内に甘い香りを漂わせるロウバイ=近江八幡市の沙沙貴神社で

 近江八幡市の沙沙貴神社で、ロウバイの花が見頃を迎え、薄黄色の花が甘い香りを漂わせている。

 中国原産の落葉樹。光沢のある花びらがろう細工のようで、ウメの花に似ていることが名前の由来とされる。

 境内には、早咲きの「素心(そしん)ロウバイ」と遅咲きの「満月ロウバイ」の2種類が計20本植えられている。

 岳(おか)郁美禰宜(ねぎ)(51)は「見頃は2月上旬までだが、今は2種類ともきれいな状態で楽しめる」という。

 参拝者らは写真を撮ったり、顔を寄せて香りを楽しんだりしていた。大阪府八尾市の看護師(65)は「甘いけれど強くて刺激的。記憶に残る香りですね」と笑顔で話した。 (横田信哉)

旅コラム
国内
海外