【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】写真に込めたメッセージ 着目 ミュゼふくおかで展示

【富山】写真に込めたメッセージ 着目 ミュゼふくおかで展示

ジャンル・エリア : 富山 | 展示 | 芸術  2021年02月03日

最高賞の長岡賞に選ばれた作品(左)=高岡市のミュゼふくおかカメラ館で

最高賞の長岡賞に選ばれた作品(左)=高岡市のミュゼふくおかカメラ館で

 高岡市のミュゼふくおかカメラ館は、ニッコールフォトコンテスト写真展を開いている。14日まで。

 フォトコンテストはニコンイメージングジャパン(東京都)の主催。応募総数4万1249点の中からモノクローム、カラー、ネイチャー、TopEye&Kids(18歳以下対象)の4部門の入賞作品120点を展示している。

 カラー部門のニッコール大賞で、最高賞の長岡賞(ニッコールクラブ創始者・長岡正男氏の名前を冠した賞)を受賞した「ヒトスジの想い」(吉村俊祐さん・宮崎県)はじめ、各部門のニッコール大賞など入賞作品が並ぶ。

 同館の田嶋友亮(ともあき)館長補佐(48)は「メッセージ性の強い作品が多く、写真に込められた社会問題などのメッセージに着目してほしい」と話す。

 写真展に合わせて、ニッコールクラブ富山県支部の協賛作品10点も展示している。特別映像展示「立山の四季」も放映している。

 開館時間は午前9時~午後5時(入館は午後4時半まで)。月曜休館。入館料は一般300円、高校生・大学生200円、中学生以下は無料。(武田寛史)

旅コラム
国内
海外