【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】おばけ退治やキャラクターショー 志摩スペイン村、13日から営業

【三重】おばけ退治やキャラクターショー 志摩スペイン村、13日から営業

ジャンル・エリア : テーマパーク | 三重  2021年02月12日

拡張現実で現れるおばけを退治する「オバケハンター2」=志摩市の志摩スペイン村で

拡張現実で現れるおばけを退治する「オバケハンター2」=志摩市の志摩スペイン村で

 志摩市磯部町のテーマパーク「志摩スペイン村」は13日、今シーズンの営業をスタートさせる。気軽に何度でも楽しめるテーマパークとしてフラメンコショーやキャラクターショー、拡張現実を用いたシューティングゲームが楽しめるアトラクションを展開する。

 アトラクションでは拡張現実で現れるおばけを退治する「オバケハンター2」がお目見え。昨年、設置したが、おばけの動きや退治に使う銃の機能を改善した。3分間で画面に出てきたおばけを撃ち、その成績を競う。恒例のフラメンコショーの題名は「クラシコス」。古典という意味で、なじみのある音楽やバレエとフラメンコを融合させた。ショーは約25分間で、スペイン人ダンサー7人が登場する。上演は午前11時と午後3時20分。入場料とは別に400円が必要。

 昨シーズンは新型コロナウイルス感染拡大の影響で一時営業を休止した。全従業員がマスクを着用し、各所にアルコール消毒液も設置するなど、テーマパークの担当者は「万全の感染対策を行っている。子どもからお年寄りまで楽しめる複合施設として、ゆっくりと時間をすごしてほしい」と話す。

 年間パスポートは4月4日まで大人が1万2300円(1500円の食事券付き)、小学生以下が8200円(1000円の食事券付き)。3月末までは学割パスポートを高校生は3550円、大学生などは4350円で販売する。

 (問)志摩スペイン村=0599(57)3333

 (山村俊輔)

旅コラム
国内
海外