【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】九谷作家の卵 集大成 県立研修所で卒業・修了制作展

【石川】九谷作家の卵 集大成 県立研修所で卒業・修了制作展

ジャンル・エリア : 展示 | 工芸品 | 石川  2021年03月29日

課題作品と自由作品の両方で最優秀賞を獲得した沢野茉莉さん

課題作品と自由作品の両方で最優秀賞を獲得した沢野茉莉さん

七尾出身 沢野さん ダブル最優秀

 能美市泉台町の県立九谷焼技術研修所で卒業・修了制作展が開かれ、作家などを志す研修生の作品45点が並んでいる。本科の最優秀賞は課題作品、自由作品ともに七尾市魚町出身の沢野茉莉(まつり)さん(22)=能美市辰口町=が獲得した。展示は31日まで。 (平井剛)

 本科の12人は課題作品(飯碗(めしわん))と自由作品を各1点、研究科の3人は自主研究作品1点、実習科の18人は三段重またはろくろ成形の作品1点を制作した。漁船の置物や、植物の生命力を表現したオブジェ、襟口や袖口に陶板を取り付けた衣服など、意匠を凝らした作品が並ぶ。

 最優秀賞をダブル受賞した沢野さんの課題作品の飯碗は、本人が大好きなお茶漬け用の器で、表面の絵柄はサーカスのテントをイメージした。「器をゴージャスにすることで、お茶漬けと一緒に至福のひとときが味わえる」と沢野さん。自由作品は時計の置物で、こちらも自分の大好きなハート形を時計盤に使用した。

意匠を凝らした研修生の作品を楽しむ来場者=いずれも能美市泉台町で

意匠を凝らした研修生の作品を楽しむ来場者=いずれも能美市泉台町で

 両作品とも研修所が買い取り、永久保存する。沢野さんは「自分の作品を買ってもらえるのは初めてで、うれしい」とはにかむ。4月からは研究科に進み、さらに1年間、陶芸を勉強する。「将来は成形で活躍できる作家になりたい」と話した。

旅コラム
国内
海外