【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】大垣ケーブルテレビの新ロゴ電車 養老鉄道でラッピング運行開始

【岐阜】大垣ケーブルテレビの新ロゴ電車 養老鉄道でラッピング運行開始

ジャンル・エリア : 乗り物 | 岐阜 | 鉄道  2021年03月31日

OCTの新ロゴマークがデザインされた電車=大垣市の養老鉄道西大垣駅で

OCTの新ロゴマークがデザインされた電車=大垣市の養老鉄道西大垣駅で

 大垣ケーブルテレビ(OCT、大垣市)が今春から使う新ロゴマークをあしらった養老鉄道のラッピング電車が30日、運行を始めた。西大垣駅(同市)構内で出発式があった。

 電車は3両からなる1編成で、白を基調としてロゴに使う水色、オレンジ、グレーの3色をちりばめた。大垣−揖斐と大垣−桑名の全線で2024年8月まで、運行する。

 OCTは開局30周年を機に、1992年の開局時から使ってきた従来のロゴを一新。「地域に軸足を置き、喜ばれ、必要とされ、役に立つ」という企業理念を形にしようと、地元住民の生活の足となっている養老鉄道でのラッピング電車を企画した。同鉄道にとっても、3両編成のラッピングは初めて。

 出発式では両社の代表やロゴを考案した岐阜市のクリエーティブディレクター、マサキヒラガさん(48)らがテープカットで祝った。

 OCTの五十川(いかがわ)智宣社長は「私たちは利用者の家をケーブルでつなぎ、養老鉄道も地域をつなぐ。地域の未来を見据え、私たちのサービスでつながっていければ」と話した。 (芝野享平)

旅コラム
国内
海外