【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】桜見ながら限定料理を 伊勢・おかげ横丁で4日まで

【三重】桜見ながら限定料理を 伊勢・おかげ横丁で4日まで

ジャンル・エリア : グルメ | 三重 | 特産 |   2021年03月31日

おかげ横丁春限定メニューの一つ「野あそび提げ重」=伊勢市宇治浦田1の野あそび棚で

おかげ横丁春限定メニューの一つ「野あそび提げ重」=伊勢市宇治浦田1の野あそび棚で

 伊勢市の伊勢神宮内宮近くのおかげ横丁の飲食店で、春をテーマにした期間限定料理を、4月4日まで提供している。横丁のそばを流れる五十鈴川の桜も見頃を迎えていて、食と風景の両面から春を味わえる。

 期間限定メニューは、野あそび棚、すし久、とうふや、海老丸、浪漫茶屋、団五郎茶屋、ふくすけ、はいからさんの8店舗で提供。たけのこのおにぎりやそば、サクラエビのあんかけうどんなどがある。一部店舗では、店から桜を見ることもできる。

 野あそび棚では、キハダマグロの刺し身を花の形に盛り付けたものや松阪牛ローストビーフ、魚のすり身の桜蒸しなどの「野あそび提げ重」を2300円(税込み)で販売中。同店おかみの降矢まさみさん(55)は「店は正月より花見の方がにぎわうが、去年は外出できない人も多かった。感染症対策をしているので、桜を見ながら食事を楽しんでもらいたい」と話した。

 おかげ横丁を運営する伊勢福によると、五十鈴川の桜は今週末ごろまで楽しめるという。横丁内の特設屋台では、テークアウト用の「春の炊き込みご飯弁当」も販売している。 (高橋信)

 
見頃を迎えている五十鈴川沿いの桜=伊勢市宇治館町で

見頃を迎えている五十鈴川沿いの桜=伊勢市宇治館町で

旅コラム
国内
海外