【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】青空に映える 県の名勝、鈴鹿・伊奈冨神社の紫ツツジ

【三重】青空に映える 県の名勝、鈴鹿・伊奈冨神社の紫ツツジ

ジャンル・エリア : 三重 | 神社・仏閣 | 自然 |   2021年04月06日

青空に映える紫ツツジの群落=鈴鹿市稲生西2で

青空に映える紫ツツジの群落=鈴鹿市稲生西2で

 県の名勝に指定されている鈴鹿市稲生(いのう)西2の伊奈冨(いのう)神社の紫ツツジ(コバノミツバツツジ)の群落が見頃を迎えている。

 5000株近くが神社一帯に自生し、4月初めに満開となった。「例年より10日ほど早い」と吉田実生禰宜(ねぎ)(38)。4日の荒天で花びらが散ってしまった木もあるが、拝殿近くの群落はまだ紫色に染まって青空に映え、多くの見物客が訪れている。

 天候にもよるが、吉田禰宜は11日ごろまでは花が残っていると予想する。恒例のつつじ祭りは新型コロナウイルス感染予防のため中止となったが「つつじ詣(もうで)」と銘打って花の季節の参拝を呼び掛けている。 (酒井直樹)

旅コラム
国内
海外