【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】「下萱津のフジ」を24日に3年ぶり公開 あま市

【愛知】「下萱津のフジ」を24日に3年ぶり公開 あま市

ジャンル・エリア : | 愛知 | 自然 |   2021年04月21日

市の許可を得て20日に撮影した「下萱津のフジ」=あま市下萱津で

市の許可を得て20日に撮影した「下萱津のフジ」=あま市下萱津で

 あま市は24日、台風被害で閉鎖していた同市下萱津にある県天然記念物「下萱津のフジ」を約3年ぶりに一般公開する。1日限定だが、ちょうど今週末に見ごろとなりそうなフジが来場客を迎える。

 2018年夏の台風による強風で、フジを支えていた木製の支柱が倒壊。樹木も倒れたが、市による修復が部分的に完了した。

 樹齢350年のフジは新川の河川敷にあり、1954年に県の天然記念物に指定。昭和期は4月下旬から5月上旬にかけ、藤棚の下に設けられた桟敷で飲食したり、小舟で駆けつけたりする見物客でにぎわった。

 だが、2000年の東海豪雨で護岸が削れるなどし、樹勢が衰えたため、公開を中断。修復して14年に再開したが、4年後の台風によって、また公開できなくなった。

 近隣住民の要望もあり、市は木を持ち上げるなどの再整備を実行。天然記念物に指定されていない方の木は倒れたままだが、敷地のおよそ半分にあたる約100平方メートルの藤棚で咲くフジを、見ることができるようになった。

1964年ごろに撮影された、下萱津のフジを見ながら飲食する見物客(あま市美和歴史民俗資料館提供)=あま市下萱津で

1964年ごろに撮影された、下萱津のフジを見ながら飲食する見物客(あま市美和歴史民俗資料館提供)=あま市下萱津で

 文化財保護を担当する市美和歴史民俗資料館の近藤博館長は「川と合わせた景色もきれいなので、ぜひ見に来てほしい」と呼び掛けた。

 公開時間は午前10~午後4時で入場無料、飲食禁止。当日はガイドとともに萱津神社から下萱津のフジまで歩く、散策ツアーも実施する。定員は15人程度。(問)甚目寺公民館=052(444)1621

 (深世古峻一)

旅コラム
国内
海外