【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】ながっ! 8メートル鮮やか着物 京都の絞り染め職人 白山で展示会

【石川】ながっ! 8メートル鮮やか着物 京都の絞り染め職人 白山で展示会

ジャンル・エリア : 展示 | 工芸品 | 石川  2021年05月14日

京鹿の子絞りの技法で染め上げた全長約8メートルのロング着物=白山市番匠町のギャラリーノアで

 京都の伝統工芸品になっている「京鹿(か)の子絞り」の着物やスカーフなどを集めた作品展「華麗なる絞りの世界」が16日まで、白山市番匠町のギャラリーノアで開かれている。6人の職人が技の粋を結集した全長約8メートルの「ロング着物」も展示している。

 京鹿の子絞りの職人でつくる京都絞栄(こうえい)会(京都市)が主催。伝統の技が光る着物から、普段使いに適した日傘やバッグ、Tシャツなど、約300点を並べている。

 ロング着物は、ゆらぐ水面に映る月や桜を鮮やかな朱色と濃紺に染め分けている。安土桃山時代に流行した「辻(つじ)が花」の技法を用いて、図案化された花を描いている。金糸を織り込んだ生地も輝き、豪華な仕上がりとなっている。

 絞栄会の竹内雅雄さん(60)は「手のぬくもりが感じられる染め物を見に来て」と来場を呼び掛けていた。

 作品は販売もしている。午前10時~午後5時。最終日は午後3時まで。(問)ギャラリーノア076(276)4486

 (吉田拓海)

旅コラム
国内
海外