【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】個性あふれる迫力の和だこ 一宮・ツインアーチ138で展示

【愛知】個性あふれる迫力の和だこ 一宮・ツインアーチ138で展示

ジャンル・エリア : 展示 | 工芸品 | 愛知 | 文化  2021年05月17日

新潟県の六角だこを紹介する沢木さん=一宮市光明寺の138タワーパークで

新潟県の六角だこを紹介する沢木さん=一宮市光明寺の138タワーパークで

 日本各地の和だこを集めた展示が、一宮市光明寺の展望タワー「ツインアーチ138」で開かれている。6月15日まで。

 高さ4.4メートル、幅3.5メートルの迫力のある新潟県の六角だこや、糸を切り合う田原市の「けんかだこ」など、東北から九州までの和だこ57点をエントランスと展望階に展示。いずれも日本の凧(たこ)の会尾張一宮支部会長の沢木寛さん(71)のコレクションで、形や色彩の違いを見比べることができる。毎年1~2月に展示していたが、今年はタワーの改修工事の時期と重なったため、旧暦の端午の節句(6月14日)に合わせて開くことにした。

 コロナ禍で中止するたこ揚げ大会も多い。沢木さんは「勇ましいたこを見て、晴れやかな気持ちになってもらえたら。子どもたちにはスマホやゲームで下ばかりを見るのではなく、たこ揚げで大空を向いてほしいな」と話した。展望階では利用料が必要。 (下條大樹)

旅コラム
国内
海外