【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】色とりどり、120本の傘 向井の「おわせマルシェ」彩る

【三重】色とりどり、120本の傘 向井の「おわせマルシェ」彩る

ジャンル・エリア : イベント | グルメ | 三重  2021年06月10日

カラフルな傘に彩られる施設内=尾鷲市向井のおわせマルシェで

カラフルな傘に彩られる施設内=尾鷲市向井のおわせマルシェで

 尾鷲市向井の複合型施設「おわせマルシェ」で、色とりどりの傘120本がつるされ、施設内を彩っている。オーナーの小倉裕司さん(30)は「雨の多い尾鷲だからこそ、雨を楽しめるように。傘を見上げ、写真を撮って楽しんでほしい」と話している。梅雨明けまで続ける。

 イメージしたのは、ポルトガル西部の都市アゲダで開かれる芸術祭の中の催し「アンブレラ・スカイ」。町中に傘をつり下げ、カラフルに彩る。近年では、日本の観光地などでもみられるようになってきた。

 マルシェの副代表の大形あかねさん(33)が、会員制交流サイト(SNS)でアンブレラ・スカイを知り、マルシェでもやってみようと企画。赤、青、緑、ピンク色などの傘を取り寄せ、今月1日から始めた。

 マルシェでは13日、雨にちなんだ屋外イベント「あめマルシェ」を開く予定。屋外の敷地内に16店舗が並び、あめ玉やご当地グルメなどを販売する。 (間宮大貴)

旅コラム
国内
海外