【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】油絵や版画、県ゆかりの画家35点 駿河区で三軌展

【静岡】油絵や版画、県ゆかりの画家35点 駿河区で三軌展

ジャンル・エリア : 展示 | 芸術 | 静岡  2021年06月10日

静岡三軌会の会員らが描いた、さまざまな作品が並ぶ会場=静岡市駿河区で

静岡三軌会の会員らが描いた、さまざまな作品が並ぶ会場=静岡市駿河区で

 県にゆかりのある画家による美術展「静岡三軌展2021」(中日新聞東海本社など後援)が、静岡市駿河区の県立美術館県民ギャラリーで開かれている。13日までで、午前10時~午後5時。入場無料。

 主催する静岡三軌会の40~80代の会員や会友らの油絵や版画など35点が並ぶ。表現技法や対象は自由で、抽象画、風景画など多岐にわたる。

 清水区の写真愛好家、水野彩さん(44)の目に留まったのは油絵「ドーテの風車小屋」。描き手の奈良間茂さん=葵区=が2年前に現地を訪れ、約半年かけて完成させた作品という。水野さんは「れんがの形が印象的。南仏を訪れてみたくなった」と話した。

 同ギャラリーでは同時開催で、島田市の杉浦カメラによる写真展も開かれている。県内の風景写真を中心に74点をそろえた。 (谷口武)

旅コラム
国内
海外