【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】岡崎市のPR「戦国無双」とコラボ ゆかりの場所に家康パネル

【愛知】岡崎市のPR「戦国無双」とコラボ ゆかりの場所に家康パネル

ジャンル・エリア : サブカルチャー | | 愛知 | 神社・仏閣  2021年06月21日

「戦国無双5」に登場する若き徳川家康を使ったコラボポスターのイメージ

「戦国無双5」に登場する若き徳川家康を使ったコラボポスターのイメージ

 岡崎市は、歴史を題材にしたアクションゲームソフトの新作「戦国無双5」に登場する若き徳川家康を岡崎観光のPRに生かす。ポスターやパネルを市内の観光名所に置き、新発売となる24日から会員制交流サイト(SNS)を活用し、岡崎城でコラボ御城印がもらえるキャンペーンも展開する。(土屋あいり)

 「戦国無双」はシリーズ累計販売数が770万本を超えるコーエーテクモゲームス(横浜市)の大人気ソフト。市と同社のコラボ企画では、新作に登場する家康が「岡崎観光イメージキャラクター」に就任。コラボポスターを市内各所に掲示するほか、等身大パネルを家康ゆかりの岡崎城(康生町)、大樹寺(鴨田町)、伊賀八幡宮(伊賀町)、滝山東照宮(滝町)、六所神社(明大寺町)、法蔵寺(本宿町)の六カ所に設置する。

 パネルを撮って「#岡崎市戦国無双5」のハッシュタグを付けてSNSに投稿すると、岡崎城でコラボ御城印がもらえる。コラボ御城印は8月31日まで。

 中根康浩市長は「(岡崎市が)家康公の生誕地というオンリーワンの価値を磨き上げ、観光振興の大きな推進力としていく。ゲームを通じて若い人たちにも関心を持ってもらいたい」と呼び掛ける。

旅コラム
国内
海外