【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】大自然の中で癒やしを 貸し切りキャンプ施設、恵那で1日オープン

【岐阜】大自然の中で癒やしを 貸し切りキャンプ施設、恵那で1日オープン

ジャンル・エリア : | 岐阜 | 自然  2021年07月01日

貸し切りキャンプ施設の利用を呼び掛ける矢頭さん=恵那市大井町で

貸し切りキャンプ施設の利用を呼び掛ける矢頭さん=恵那市大井町で

 1日1組限定の貸し切りキャンプ施設「癒(いや)しの森キャンプ場−恵那」が1日、恵那市大井町の矢頭重保さん(72)方の私有林にオープンする。

 元多治見市職員の矢頭さんが、900平方メートルの雑木林にテントの設営スペースや炊事場、多目的トイレ、シャワールーム、イベント用ステージ、駐車場などを整備した。

 木々の間から恵那山や笠置山が望める現地では、春には桜が咲き、夏にはクワガタやカブトムシ、セミなどの昆虫採集、秋にはクリ拾いやカキのもぎ取りなどが楽しめる。放し飼いの名古屋コーチンの新鮮な卵も年間を通じて味わえる。

 「幼いころから鳥のさえずりや木々の香り、風の音を感じながら遊び、親しんできた雑木林を、安らぎの場所として提供したい」と語る矢頭さん。恵那商工会議所の起業セミナーで経営実務を学び、恵那くらしビジネスサポートセンターの支援で開業にこぎ着けた。

 プレオープン期間中の6月下旬、友人ら4人で訪れた愛知県春日井市の男性(43)は「1日1組の貸し切りというのが最大の魅力。豊かな自然と素朴な設備の中で非日常の雰囲気が楽しめた」と話した。

 1組20人まで利用可能。料金は日帰りが大人(中学生以上)1000円、子ども(3歳以上)500円。宿泊が大人3000円、子ども1000円。火、水曜定休(月曜は日帰りのみ)。テントやバーベキューセットの貸し出し(有料)もある。 (長谷部正)

旅コラム
国内
海外