【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】いしかわ動物園 誕生ラッシュ シセンレッサーパンダ、コモンリスザルも

【石川】いしかわ動物園 誕生ラッシュ シセンレッサーパンダ、コモンリスザルも

ジャンル・エリア : 動物 | 展示 | 生き物 | 石川  2021年07月06日

母親の背中にしがみつくコモンリスザルの赤ちゃん

母親の背中にしがみつくコモンリスザルの赤ちゃん

3月・コビトカバ、5月・アミメキリン すくすく育つ

 能美市のいしかわ動物園で6月下旬、シセンレッサーパンダとコモンリスザルの赤ちゃんが誕生した。それぞれ母子ともに元気で、同園は2日に公開を始めた。3月にコビトカバ、5月にアミメキリンの赤ちゃんが誕生し、同園はベビーラッシュに沸いている。 (平井剛)

 シセンレッサーパンダの赤ちゃん誕生は、同園では約6年ぶり。父親ハル(7歳)と母親サン(5歳)の間に6月21日に生まれた。体長21センチ、体重297グラム。性別は不明。

 赤ちゃんは野生の巣穴を模した巣箱の中で約3カ月間を過ごすため、箱に取り付けた暗視カメラの映像を展示場前のモニターで公開している。母親が授乳したり、毛づくろいをしたりする様子が見られる。

 コモンリスザルの赤ちゃんは父親マロ(9歳)と母親アケミ(同)の間に同22日に生まれた。体長12センチ、体重120グラム。性別は不明。

 アケミはこれまでに4匹を出産。赤ちゃんは、子育て経験豊かな母親の背にしっかりとしがみつき、周囲を興味深くうかがう様子を見せている。

 
体重測定中のシセンレッサーパンダの赤ちゃん=能美市徳山町で(いしかわ動物園提供)

体重測定中のシセンレッサーパンダの赤ちゃん=能美市徳山町で(いしかわ動物園提供)

 同園の担当者は「計画的に繁殖活動を行う中で、たまたま出産期が重なった。赤ちゃんがすくすく育つ様子を温かく見守ってほしい」と話している。

旅コラム
国内
海外