【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】海の生きもの「へぇ」 のとじま水族館で企画展

【石川】海の生きもの「へぇ」 のとじま水族館で企画展

ジャンル・エリア : 展示 | 水族館 | | 生き物 | 石川  2021年07月15日

生きものの変わった生態や海にまつわる豆知識を紹介する展示

生きものの変わった生態や海にまつわる豆知識を紹介する展示

変わった生態 分かりやすく解説

 七尾市能登島曲町ののとじま水族館で、生きものの変わった生態などを紹介する企画展「海の生きものトリビア展」が開かれている。クイズを交えながら、外敵から身を守る際の行動などを分かりやすく解説。夏休みの自由研究の参考にしてほしいと呼び掛ける。9月26日まで。 (稲垣達成)

 深海域に生息する巨大なカニ「タカアシガニ」やハリセンボンなど約20種100匹を展示。水槽の周りにイラストを添えたパネルを並べ、クイズ形式で生態を解説している。タコは体の形や色を変えるなど「物まね」が得意で、岩の一部になりきるなどして天敵や獲物から姿を隠すという。

 生きものだけでなく、海にまつわる豆知識も紹介。能登島は県内に110ある島の中で最大で、国内に6852ある島では37番目の大きさと伝えている。海水は透明なのに、海全体が青く見える理由も解説している。

深海域に生息するタカアシガニ=いずれも七尾市能登島曲町ののとじま水族館で

深海域に生息するタカアシガニ=いずれも七尾市能登島曲町ののとじま水族館で

 企画係長の高橋勲さんは「へぇと思ってもらえたら狙い通り。展示をきっかけに興味を持ち、さらに深く調べてもらえたら。夏休みの自由研究のヒントにもなる」と話している。企画展に合わせ、常設10カ所の水槽でも生態を解説するパネルを展示している。

 入場料は高校生以上1890円、中学生以下(3歳以上)510円。(問)同館0767(84)1271

旅コラム
国内
海外