【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】松阪の農園でヒマワリ見頃 フォトコンテストも開催中

【三重】松阪の農園でヒマワリ見頃 フォトコンテストも開催中

ジャンル・エリア : 三重 | 自然 |   2021年07月30日

見頃のヒマワリを写真に収める来園者=松阪市伊勢寺町の松阪西部営農振興センター横の農園で

見頃のヒマワリを写真に収める来園者=松阪市伊勢寺町の松阪西部営農振興センター横の農園で

 松阪市伊勢寺町の松阪西部営農振興センター横の農園で、ヒマワリが見頃を迎えている。8月上旬ごろまで黄色の大輪が咲き誇る様子を楽しむことができ、訪れる人に夏を感じさせている。

 ヒマワリは、小輪で上向きに花が咲く「ビンセント」と、大輪で明るい黄色の花弁が特徴の品種の「ロシア」の2種類。計2万3000本が植えられている。

 農園を管理するJAみえなかによると、ビンセントは見頃のピークを迎えており、ロシアも8月上旬にかけて満開を迎えるとのこと。企画広報課の山田直希課長(46)は「コロナ禍で迎える2回目の夏となったが、ヒマワリを見て少しでも地域が元気になってほしい」と話した。JAみえなかでは、この農園のヒマワリを写した写真を募る「ひまわりフォトコンテスト」を開催している。締め切りは8月20日。応募は持参または郵送、Eメールで。(問)JAみえなか企画広報課=0598(28)8822

(長尾祐樹)

旅コラム
国内
海外