【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】「風景印」集めて能美知って 市内10郵便局などでスタンプラリー

【石川】「風景印」集めて能美知って 市内10郵便局などでスタンプラリー

ジャンル・エリア : まちおこし | イベント | 石川  2021年08月18日

スタンプラリーの台紙を手に参加を呼びかける局員(右)=能美市の粟生郵便局で

スタンプラリーの台紙を手に参加を呼びかける局員(右)=能美市の粟生郵便局で

 地域の名所などが描かれている消印「風景印」で地元の魅力を感じてもらおうと、能美市内の郵便局10カ所と同市寺井町の能美ふるさとミュージアムを巡るスタンプラリーが開催されている。

 市内10局には、九谷焼の絵皿が飾られたご当地ポストがあり、皿に描かれた絵が風景印にも用いられている。このうち粟生郵便局の絵柄は獅子頭をかたどった枠の中に、地元に伝わる粟生じょんがら踊りの風景を描いている。

 郵便局の窓口で、63円以上の切手を専用の台紙に貼ると、局員が風景印を押す。台紙は窓口で無料でもらえる。ふるさとミュージアムでは、記念スタンプを押す。

 12月30日までの平日午前9時~午後5時。すべて集めると、市イメージキャラクターの「ひぽ能ん」「ゆず美ん」のシールなどがもらえる。

 粟生郵便局の石田直介局長は「風景印は日付入りで、ご当地のデザインなので思い出になる。参加して能美の魅力を知ってほしい」と話す。

 (井上京佳)

旅コラム
国内
海外