【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】箸袋など和の収集品ずらり 伊賀の縄手さんが展示

【三重】箸袋など和の収集品ずらり 伊賀の縄手さんが展示

ジャンル・エリア : 三重 | 展示 | 文化  2021年08月24日

自ら集めた箸袋や通行手形を展示している縄手さん=伊賀市小田町で

自ら集めた箸袋や通行手形を展示している縄手さん=伊賀市小田町で

 伊賀市小田町の「カルチャー&ギャラリー ボンジュール」で、箸袋や土産用の通行手形といった「和のコレクション」が展示されている。いずれも同市上野車坂町の元会社員縄手稔さん(74)が趣味で集めた。

 箸袋は約1000点。「食事に合わせて手軽に集められる」と30~50代にかけて収集し、今はなき地元の飲食店や、出張で訪れた企業、旅館、結婚式場、ゴルフ場と、さまざまな名前が記されたものをジャンルごとに額に収めた。「1点ずつ形や色が異なるのが面白い」と魅力を話す。

 宮城から広島まで、各地の観光名所で購入した通行手形は約100点。季節の風景写真を印刷した掛け軸や50以上の祭りを撮影した迫力の作品なども並ぶ。縄手さんは「日本ならではのいろんな和を見て楽しんでほしい」と来場を呼び掛けている。

 展示は9月末まで。土、日曜の午後2~5時。(問)ボンジュール=090(5862)9148

 (河野晴気)

旅コラム
国内
海外