【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】電球彩る夕涼み 恵那峡公園内の遊歩道

【岐阜】電球彩る夕涼み 恵那峡公園内の遊歩道

ジャンル・エリア : イルミネーション | オブジェ | 岐阜  2021年08月26日

弁天島に出現した卵形のオブジェ=恵那市大井町の恵那峡公園で

弁天島に出現した卵形のオブジェ=恵那市大井町の恵那峡公園で

 恵那市大井町の恵那峡公園内の遊歩道が発光ダイオード(LED)電球で彩られ、地元住民らが夕涼みを楽しんでいる。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い通常の各種イベントの開催が難しい現状を踏まえ、密集・密接・密閉の「3密」を避けながら恵那峡の魅力に触れる機会として、恵那市観光協会が企画した。

 公園内に整備された遊歩道のうち、湖畔の桜並木を中心にした約450メートルの区間に、直径30~50センチ前後の大小のLED電球50個を設置。既設の足元灯と合わせて夜間の散策に適した明るさを確保した。

 園内の一角にある弁天島には、弁財天の脇に光り輝く卵形のオブジェを設置。暗がりの中で彩り豊かな光を放ち、フォトスポットとして人気を集めている。

 協会の小川智明専務理事は「コロナ禍でレジャー目的の遠出が制約される中、地元の皆さんが気軽に訪れ、楽しめるように工夫を凝らした。恵那峡をより身近に感じてもらえればうれしい」と話す。ライトアップは10月末まで。 (長谷部正)

旅コラム
国内
海外