【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】甲冑や陣羽織など、加賀本多家の至宝 安城で展示

【愛知】甲冑や陣羽織など、加賀本多家の至宝 安城で展示

ジャンル・エリア : 展示 | 工芸品 | 愛知 | 歴史  2021年10月05日

かぶとや陣羽織などが並ぶ会場=安城市安城町の市歴史博物館で

かぶとや陣羽織などが並ぶ会場=安城市安城町の市歴史博物館で

 加賀本多博物館(金沢市)の収蔵品を紹介する特別展「加賀本多家−その歴史と至宝」(中日新聞社主催)が2日、安城市安城町の市歴史博物館で開幕した。11月14日まで。

 加賀本多家は加賀藩前田家の重臣。特別展では、初代政重が関ケ原の戦いで着用したとされる甲冑(かっちゅう)、陣羽織などの武具をはじめ、前田家の寿々(すず)姫が本多家に嫁いだ際に持参した姫道具など約100点をそろえた。加賀本多博物館の収蔵品がまとめて館外で展示されるのは初めて。

 2日は、加賀本多家15代当主で加賀本多博物館長の本多政光さんによる記念講演会があった。本多家と前田家とのつながりや、特別展では展示されなかった本多家随一の家宝「村雨の壺(つぼ)」などを解説した。

 聴講した岡崎市の鈴木大介さん(50)は「以前、金沢に住んでいたが、本多家のゆかりの地だとは知らなかった。再び訪れる機会があったら、違う視点で楽しみたい」と話していた。

 開館は午前9時~午後5時。月曜休館。入館料は大人500円、中学生以下無料。

旅コラム
国内
海外