【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】大賞に池田町の冨岡さん 多治見で美濃陶芸展始まる

【岐阜】大賞に池田町の冨岡さん 多治見で美濃陶芸展始まる

ジャンル・エリア : オブジェ | 展示 | 岐阜 | 工芸品  2021年10月06日

冨岡さんの「始まり」(右側)などの受賞作を眺める審査員=多治見市新町の市産業文化センターで

冨岡さんの「始まり」(右側)などの受賞作を眺める審査員=多治見市新町の市産業文化センターで

 県内を中心とした陶芸家の作品を集めた「美濃陶芸展」(美濃陶芸協会、中日新聞社主催)が6日から多治見市新町の市産業文化センターで始まるのを前に5日、出品作品の審査があった。美濃陶芸大賞には池田町宮地の冨岡大資さん(47)が選ばれた。

 冨岡さんの作品は手びねりで成形後に、串のような道具で直径2ミリほどの無数の穴を開けて放射状の模様を付けた。未来や希望を表現したという。

 愛知県を含む協会員51人が出品。多治見市在住の人間国宝の陶芸家加藤孝造さん(86)ら7人の審査員が入賞作品6点を選んだ。加藤さんは出品作品について「ベテランは確実な仕事をしており、新しい人はやりたいことを精いっぱいやっている。いろいろなものが混ざり合い、美濃ならではの作品が網羅されている」と評した。

 入場無料。会期は10日まで。 (片岡典子)

 ◇その他の入賞者の皆さん 中日陶芸賞 阪口浩史▽東濃信用金庫賞 川合正樹、黒岩達大、堀和蔵、若尾圭介

旅コラム
国内
海外