【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】美濃の町並みに温かい灯 美濃和紙あかりアート展始まる

【岐阜】美濃の町並みに温かい灯 美濃和紙あかりアート展始まる

ジャンル・エリア : イルミネーション | 展示 | 岐阜 | 芸術  2021年10月12日

明かり作品を見る子どもたち=美濃市のうだつの上がる町並みで

明かり作品を見る子どもたち=美濃市のうだつの上がる町並みで

 美濃和紙を使った明かり作品を展示する「第28回美濃和紙あかりアート展」(美濃市観光協会、実行委主催、中日新聞社など後援)が10日夜、美濃市中心部のうだつの上がる町並みで始まった。昨年は新型コロナウイルスの影響で展示を市内3カ所に分散したため、町並みでの開催は一昨年の台風による中止も含め3年ぶり。23日まで。

 一般部門の全作品144点と小中学生部門の大賞作品が、アクリルケースに入れられた状態で並ぶ。歴史を感じさせる町並みと温かみを感じる明かり作品の共演に、来場者はうっとりと見入っていた。

 岐阜市の会社員(44)は「あかりアートが大好きで10年以上前から毎年来ている。今年は落ち着いた雰囲気でのんびり楽しめた」と話した。

 例年は10月の3連休の土日に、町並みを歩行者天国にして開催してきた。今年は密を避けるため、会期を2週間に延ばした。歩行者天国は実施しない。点灯時間は午後5~9時。 (秋田耕平)

旅コラム
国内
海外