【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】イルカ間近に!憧れの飼育員体験 南知多ビーチランド

【愛知】イルカ間近に!憧れの飼育員体験 南知多ビーチランド

ジャンル・エリア : テーマパーク | 愛知 | 水族館  2021年10月19日

子どもたちのサインを見てジャンプを決めるイルカ=美浜町奥田で

子どもたちのサインを見てジャンプを決めるイルカ=美浜町奥田で

 小学生が飼育員の仕事を体験する企画が、美浜町奥田の南知多ビーチランドで始まった。11月21日までの日曜日に開催し、次回は10月24日。

 今月17日には小学1~3年生が挑戦。園のスタッフと同じユニホームに身を包み、イルカに与える餌の準備では、異物が入っていたり、傷んでいたりする魚を取り除く作業に取り組んだ。その後、飼育員から手を広げるといったサインを教わり、イルカに指示。ジャンプなどの技が決まると歓声を上げて喜んだ。

 このほか、イルカスタジアムの掃除をしたり、魚類展示用の水槽作りにも取り組んだりした。長久手市の小学3年女児(8つ)は「イルカの飼育員さんになりたかったので餌をあげられたのがうれしかった」と話した。

 体験は、担当する生き物が「イルカ・魚」と「アザラシ・ペンギン・魚」の2種類があり、日程も1~3年用と4~6年用に分かれている。予約は園のホームページから、開催日のそれぞれ3日前までに行う。定員は各日10人で、入園料とは別に8000円が必要。 (鈴木佐歩)

旅コラム
国内
海外