【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】名古屋城に華やか大輪 菊花大会、愛好会員の330点出品

【愛知】名古屋城に華やか大輪 菊花大会、愛好会員の330点出品

ジャンル・エリア : 展示 | 愛知 |   2021年11月08日

会場に並ぶ色鮮やかな大輪の菊=名古屋市中区の名古屋城西之丸広場で

会場に並ぶ色鮮やかな大輪の菊=名古屋市中区の名古屋城西之丸広場で

 名古屋城菊花大会(名古屋市主催、中日新聞社など共催)が、同市中区の名古屋城西之丸広場で開かれ、黄色や紫色の大輪が来場者を楽しませている。23日まで。

 県内の愛好家らでつくる「名城菊の会」の会員50人が「大菊」「山菊」「切花」の3部門に330点を出品。色や形だけでなく全体の調和も意識し、高い技術で仕立てられた花々が競演している。

 横浜市から訪れた会社員(68)は「ぴんと真っすぐな立ち姿や整った花の形から、丹精して作っているのが分かる」と見入っていた。

 観賞には名古屋城の入場料が必要。高校生以上は500円、市内の高齢者は100円。8~10日は切花の出品作を本丸御殿孔雀(くじゃく)之間で展示する。午前9時~午後4時半。 (山本拓海)

旅コラム
国内
海外