【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】花でにぎわい咲かせよう 13日、豊橋駅前で若者企画の「マルシェ」

【愛知】花でにぎわい咲かせよう 13日、豊橋駅前で若者企画の「マルシェ」

ジャンル・エリア : イベント | グルメ | 愛知 |   2021年11月09日

イベントをPRする(左から)繁原さん、天野未悠さん、天野愛悠さん

イベントをPRする(左から)繁原さん、天野未悠さん、天野愛悠さん

 花を通じて、豊橋市の良さを知ってほしいとの思いで、豊橋駅南口駅前広場で13日、「ハナノオト・マルシェ」と題した販売などのイベントが開かれる。若者が考えた政策を市に提言する「豊橋わかば議会」で昨年度に提案された事業。若者目線で町を盛り上げようと、10代、20代が奮闘している。 (昆野夏子)

 提案したのは、昨年度のわかば議会メンバーで専門学校2年の天野愛悠さん(20)。新型コロナウイルス禍で、花き需要が落ち込んでいると知り、「日常的に花を贈ったり、使ったりする文化があれば、花き農家の支援になるのでは」と考えた。

 姉で椙山女学園大3年の天野未悠さん(21)、友人で保育士の繁原那奈さん(20)ら7人が中心となり、市や企業の協力を得ながら進めてきた。未悠さんは「自分たちが考えた事業に、市の予算がつくと緊張感がある」と話す。

 
フラワーメイクを実演する若者たち=いずれも豊橋市役所で

フラワーメイクを実演する若者たち=いずれも豊橋市役所で

 イベントでは、東三河のスイーツ情報などを発信するインスタグラマー、とよスイーツさん監修の「インスタ映えグルメ」を販売する。花を使ったクレープやエクレア、カレー、カヌレなどを用意する。「学生や若者でも気軽に買えるように」(愛悠さん)と、ワンコインの500円にこだわった。他に花を使ったオーナメントを販売するほか、フォトブースを設ける。目尻に花びらを貼って、華やかなアイラインなどを引く「フラワーメイク体験」もある。

 
ハナノオト・マルシェのインスタグラム画面

ハナノオト・マルシェのインスタグラム画面

 集客のために、インスタグラムのアカウント=@hananooto2021=も設定した。毎日投稿し、花の紹介やイベントの告知などを進めている。

 協力する花イベントなどを企画する会社「HANAイノベーション」(同市神野新田町)の近藤祐司代表は「若い人たちのアイデアを具体化するのが大人の仕事。刺激的です」と話す。市農業支援課の前田隆男課長は「斬新なアイデアに圧倒されることも多く、『これがやりたい』という芯の強さを感じる。ひやひやする時もあるが、熱意を持ってくれるのがうれしい」と温かく見守る。イベントは午前10時~午後4時。入場無料。(問)HANAイノベーション=0532(32)8787

旅コラム
国内
海外