【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】松本宿泊の県民らに割引や電子クーポン 市が1日から展開

【長野】松本宿泊の県民らに割引や電子クーポン 市が1日から展開

ジャンル・エリア : イベント | 甲信越  2021年12月01日

まつもと冬割キャンペーンなどをPRするチラシ=松本市役所で

まつもと冬割キャンペーンなどをPRするチラシ=松本市役所で

 松本市は12月から、新型コロナウイルスの影響を受けた地域経済の活性化や観光事業者の支援につなげようと、市内の宿泊で計5000円が得になる「まつもと冬割キャンペーン」を展開する。県内在住者とフジドリームエアラインズ(FDA)の航空便を利用した県外在住者が対象。3月27日宿泊分までの先着2万人。

 対象の宿泊施設は108施設。1泊1人あたり6000円以上の宿泊代金から3000円割引になり、スマートフォンアプリを使った電子クーポン「まつもとコイン」が2000円分利用できる。コインは宿泊証明書のQRコードを読み取ると発行され、飲食店や観光施設など約170施設で3月末まで利用できる。事業費は1億2800万円。

 市は電子クーポンを契機に、将来的に電子地域通貨の導入やマイナンバーカードのポイントとの連携などにつなげたい考え。臥雲義尚市長は「デジタル化やキャッシュレス化を見据え、大勢の人に利用してほしい」と話した。