【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】独特な志野、唯一無二の酒器ずらり 多治見で林さん酒器展

【岐阜】独特な志野、唯一無二の酒器ずらり 多治見で林さん酒器展

ジャンル・エリア : 展示 | 岐阜 | 工芸品  2021年12月08日

林さんの作品を見る佐藤社長=多治見市本町の陶都創造館で

林さんの作品を見る佐藤社長=多治見市本町の陶都創造館で

 新年を前に、県重要無形文化財「志野」保持者の陶芸家、林正太郎さん=土岐市=の酒器展が、多治見市本町の陶都創造館内にある美濃陶芸の店「井筒(いづつ)」で開かれている。来年1月16日まで。

 林さんがこの1年に制作した酒器約60点を並べた。釉薬(ゆうやく)が縮んでひび割れたような「かいらぎ」の多さや深さが特徴的な志野や、林さん独自の技法である「鬼黒(おにぐろ)」のぐいのみなど、独創的な作品をそろえた。井筒の佐藤隆夫社長(61)は「小さなぐいのみに林さんの技術と経験が詰まっている。唯一無二の作品を見てほしい」と話す。29日~1月3日は休み。(問)井筒=0572(24)6933

 (片岡典子)

旅コラム
国内
海外