【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】カモシカ「コタロウ」 豊橋・のんほいパークに仲間入り

【愛知】カモシカ「コタロウ」 豊橋・のんほいパークに仲間入り

ジャンル・エリア : テーマパーク | 動物 | 愛知 | 生き物  2021年12月28日

のんほいパークに仲間入りしたコタロウ=東京都日野市の多摩動物公園で

のんほいパークに仲間入りしたコタロウ=東京都日野市の多摩動物公園で

 豊橋市の豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)に22日、ニホンカモシカの雄1頭が仲間入りし、一般公開されている。

 多摩動物公園(東京都日野市)で飼育されていた8歳の「コタロウ」で、同日午後2時半ごろにトラックで園に到着した。園の担当者は「輸送箱から出た直後は少し周囲の様子を気にしていたらしいが、その後は落ち着き払い、おとなしかった」と話す。人への警戒心は薄いという。

 日本動物園水族館協会の「ニホンカモシカ管理計画」に沿った移動で、今後は園にいる雌の「アサヒ」との繁殖を進める。

 ニホンカモシカはウシ科の日本固有種で、1955年に特別天然記念物に指定された。岩場や急な斜面のある森林を好み、山岳地帯などに生息している。低木の葉や芽、小枝、花、果物、ササなどを食べる。雌雄ともに12~26センチほどの角を持つ。 (昆野夏子)

旅コラム
国内
海外