【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】寅の凧と郷土玩具を展示 東近江大凧会館

【滋賀】寅の凧と郷土玩具を展示 東近江大凧会館

ジャンル・エリア : イベント | 展示 | 文化 | 近畿  2022年01月06日

えとの寅をモチーフにした凧や郷土玩具=東近江市の東近江大凧会館で

えとの寅をモチーフにした凧や郷土玩具=東近江市の東近江大凧会館で

 今年のえとの寅をモチーフにした全国各地の凧や郷土玩具を集めた企画展が、東近江市八日市東本町の東近江大凧会館で開かれている。23日まで。

 凧は同館の収蔵品で、15都道府県の愛好家らが手作りした50点を出品。黄や赤など鮮やかな色づかいが多く、細かく描き込まれた牙や爪先が目を引く。虎退治の伝説がある戦国武将、加藤清正の絵柄もある。

 郷土玩具は、個人から借りた35都府県の126点を展示。張り子や土人形、社寺で授与された置物など、寅の多彩な表情が来館者を楽しませている。

 鳥居勝久館長は「大きく開いた口や、ギョロッとした目つきに力強さが表されている」と話す。

 高校生以上300円、小中学生150円。水曜、11日休館。期間中には先着150人にミニえと凧を進呈し、凧の手作りやこまの絵付け体験もできる。8、15、16、22、23日には別館で、10種類の正月遊びの体験コーナーも催す。(問)同館=0748(23)0081

 (斎藤航輝)

旅コラム
国内
海外