【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】スマホ片手に名所巡って 明和観光商社がデジタルスタンプラリー

【三重】スマホ片手に名所巡って 明和観光商社がデジタルスタンプラリー

ジャンル・エリア : まちおこし | イベント | 三重 | 神社・仏閣  2022年01月12日

デジタルスタンプラリーの画面とポスター=明和町の明和観光商社で

デジタルスタンプラリーの画面とポスター=明和町の明和観光商社で

 明和町の観光振興を進める一般社団法人「明和観光商社」は、スマートフォンを片手に町内の名所10カ所を巡るデジタルスタンプラリーを行っている。新型コロナウイルス禍の中、人との接触を減らし、三密(密閉、密集、密接)を避けて観光を楽しんでもらう試みで、4カ所以上を回った人には数量限定で景品が贈られる。来月28日まで。

 史跡公園「さいくう平安の杜(もり)」や、竹神社、祓川の神宮橋などをコースに設定。各名所に張られているポスターのQRコードから専用サイトにアクセスし、性別や年代などを登録の上、簡単なアンケートに答えると参加できる。

 名所に掲示されているQRコードをスマートフォンで読み取ると、スタンプが記録される。4カ所以上を巡った人は、斎宮の町観光協会か、大堀川新田の観光商社で景品のレトルト食品「明和珈哩(カレー)」をもらえる。

 専用サイトでは、名所までの道案内や、各地の歴史などを説明する動画を見ることができる。観光商社の安藤直樹事務局長(47)は「デジタルの良さを生かしたスタンプラリーで、地元の魅力を再発見してほしい」と呼び掛けている。観光協会は月曜休み、観光商社は土、日曜休み。 (奥村友基)

旅コラム
国内
海外