【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】義仲と巴御前の時代背景知ろう 小矢部市役所 来月のシンポ前に史料展示

【富山】義仲と巴御前の時代背景知ろう 小矢部市役所 来月のシンポ前に史料展示

ジャンル・エリア : 富山 | 展示 | 歴史  2022年03月08日

木曽義仲と巴御前に関連する史料が置かれた会場=小矢部市役所で

木曽義仲と巴御前に関連する史料が置かれた会場=小矢部市役所で

 小矢部市は7日、市にゆかりがある源氏の武将・木曽義仲と、義仲に付き従ったとされる女武者の巴御前を来庁した市民に知ってもらおうと、企画展「木曽義仲・巴御前の生きた時代」を市役所1階ロビーで始めた。25日まで、開庁している平日に限り、2人に関わりがある書物を展示する。

 4月24日午後2時にクロスランドおやべで開くシンポジウムに合わせて企画。今年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、義仲役の俳優青木崇高さんと、巴御前役の俳優秋元才加さんとの対談があり、シンポを前に義仲と巴御前が生きた時代背景を知ってもらおうと開いた。

 市などが所蔵する史料6点を、解説入りのパネルとともに展示。源頼朝が挙兵した理由を書いた日本外史(刊年不明)や、牛の角にたいまつをつけて奇襲をして勝ったとされる「倶利伽羅峠の戦い」のほか、義仲四天王と呼ばれる樋口兼光、今井兼平、根井行親、楯(たて)親忠の絵が描かれている義仲勲功図會(ずえ)(1833年発行)も置いた。

 担当者は「義仲と巴御前は乱世の時代に力強く生きた。この2人の活躍が、次の時代の懸け橋になったことを知ってほしい」と話した。

 市はシンポの参加者を募っている。対談と、有識者によるパネル討論もある。入場無料。事前申込制で、25日までに往復はがきを市に郵送する。多数の場合は抽選。詳細は市のホームページで。 (広田和也)