【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】中滑川複合施設が竣工 愛称「メリカ」フードコート営業開始

【富山】中滑川複合施設が竣工 愛称「メリカ」フードコート営業開始

ジャンル・エリア : まちおこし | グルメ | 富山  2022年12月01日

テープカットして施設の完成を祝う関係者ら=滑川市田中新町で

テープカットして施設の完成を祝う関係者ら

 滑川市が同市田中新町の富山地方鉄道中滑川駅前で整備してきた中滑川複合施設が完成し、30日に竣工(しゅんこう)式が開かれた。

 鉄骨造り地上3階建て、延べ床面積3598平方メートル。愛称は公募で「メリカ」に決まった。災害時の避難施設としての機能と街中のにぎわい創出を目的に、昨年8月に着工し、今年9月末に完成。防災設備は10月から使用を始めていた。整備費は12億120万円。

 1階のフードコートではこの日からコーヒー店とクレープ店が営業を開始。これとは別に、飲食と物販の各1店舗は来春の全館オープンに合わせて営業を始める予定。キッズコーナーや多目的スタジオも備える。

 2階には学習スペースや鏡張りのダンススタジオ、災害時の炊き出しスペースとなる調理スタジオ、3日分の食料などを備蓄する防災倉庫があり、3階には非常時に300人が避難できるホールを構えた。

コーヒー店とクレープ店の営業が始まったメリカ1階のフードコート=滑川市田中新町で

コーヒー店とクレープ店の営業が始まったメリカ1階のフードコート=いずれも滑川市田中新町で

 竣工式には市議や関係者60人が出席し、代表者がテープカットして完成を祝った。水野達夫市長は「メリカでにぎわいをどうやってつくるかの仕掛けが大事」と述べ、交流施設として積極活用していく考えを示した。 (西村理紗)