【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】塩尻14ワイナリーの魅力紹介 市立図書館職員が取材、企画展

【長野】塩尻14ワイナリーの魅力紹介 市立図書館職員が取材、企画展

ジャンル・エリア : グルメ | 展示 | 特産 | 甲信越  2023年04月19日

取材したワイナリーを紹介する司書の丸山さん=塩尻市立図書館で

取材したワイナリーを紹介する司書の丸山さん=塩尻市立図書館で

 塩尻市立図書館で、市内14のワイナリーを紹介する企画展が開かれている。職員が取材したワイナリーの魅力などを紹介している。5月7日まで。

 職員は昨年9月から今年2月に訪問。ワイナリーごとに歴史や商品、取材メモなどを模造紙計14枚にまとめて展示した。日本ソムリエ協会の資格や試験に役立つ専門書、ワインに関する料理本など50冊ほども並べた。

 中心となって携わったのは、民間企業を定年退職し2021年から司書として勤める丸山重治さん(61)。自らのワイン好きが高じて「知れば知るほど面白い現場の人の話も聞いてほしい」と、パンフレットには載っていないこぼれ話を加えるなど内容にはこだわった。展示する本の選定には、昨年合格した同協会の「J・S・Aワインエキスパート認定証」の試験経験も生かした。

 20代や30代の若い人も訪れてくれ、手応えを感じているという。「塩尻のワインに興味を持つ機会にしてほしい」と来場を呼びかけている。水曜と24日は休館。(山崎優日)