【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】養老鉄道のセブンキャッツ誕生1周年 記念缶バッジや切符セット発売

【岐阜】養老鉄道のセブンキャッツ誕生1周年 記念缶バッジや切符セット発売

ジャンル・エリア : 乗り物 | 動物 | 岐阜 | 鉄道  2023年08月18日

「YORO SEVEN CATS」の結成1周年で発売された缶バッジと1日フリーきっぷセット=大垣市木戸町で

「YORO SEVEN CATS」の結成1周年で発売された缶バッジと1日フリーきっぷセット=大垣市木戸町で

 養老鉄道(大垣市)の駅名にちなんだ7匹のネコのキャラクター「YORO SEVEN CATS(ヨウロウ セブン キャッツ)」が8月、チーム結成1周年を迎えた。節目を祝おうと、同社は1日フリーきっぷ・入場券のセットと缶バッジを発売した。

 結成は、同社が感染症予防を呼びかけるポスターを制作したのがきっかけ。ネコ好きという総務企画課の小林峰生さん(58)が愛猫を題材にデザインを考え、ポスターにあしらった。

 好評だったため、駅名を名字として下の名前を昨年6月に募集。国内外から500件近くの応募があり、昨年8月に沿線の特産品を組み合わせた「養老ヒョウタ」「広神戸ローズ」などと名付けられた。これまでに県内外の鉄道イベントで、クリアファイルや定規を販売してきた。

 缶バッジには、駅員の夏服を着用したネコが描かれている。小林さんは「まとめ買いする人もいるほどネコ好きに人気。今後も沿線の特産品のPRにつながれば」と話す。全8種類の缶バッジは1個300円。1日フリーきっぷのセットは2970円。大垣駅など7駅と公式通販サイトで取り扱う。

 (成田はな)