【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】「まんが甲子園」最多出場、豊明高イラスト部 創作の軌跡、入賞作など130点展示

【愛知】「まんが甲子園」最多出場、豊明高イラスト部 創作の軌跡、入賞作など130点展示

ジャンル・エリア : サブカルチャー | 展示 | 愛知 | 芸術  2023年10月26日

作品展への来場を呼びかける生徒ら=豊明市立図書館で

作品展への来場を呼びかける生徒ら=豊明市立図書館で

 全国高校漫画選手権大会(まんが甲子園)出場15回の全国最多記録を持ち、数々のコンテストで入賞している豊明市の豊明高イラストレーション部の第4回作品展が、市立図書館1階展示室で開かれている。来月4日まで。

 「ロボット」「ファンタジー」など六つのテーマから二つを組み合わせ、発想力や画力を競うデザインコンテストや創作絵本コンクール入賞作など1~3年生の約130点が並ぶ。部員がイラストを担当する市広報紙掲載の4こま漫画「教えてマッタマン!」も1~21話を展示している。

 部員の生徒(15)=1年=は「こういうイラストを描きたいなと思ってもらえたら」、副部長の生徒(17)=2年=は「創作する人の刺激になったらうれしい」と願う。部長の生徒(16)=同=は「みんな頑張って描いたので、入選できなかった作品もぜひ見てほしい」と呼び掛ける。午前9時~午後5時。月曜と31日休館。(平木友見子)