【本文】

  1. トップ
  2. スペシャル
  3. 魅力再発見Thainess 厳かな仏教文化が息づくタイらしい景色の中を歩く

タイに来たら一度は食べたい!タイメシ
タイの魅力といえば絶対に外せないのがタイ料理。食欲をそそる香辛料と辛くて旨い料理の数々は、いまや日本人にもなじみが深く大人気だ。今回はそんなタイ料理の中でも、地元の人々に愛される名物料理を紹介。タイ料理の奥深さをご覧あれ。

タイスキ

タイスキ

 タイスキとはタイ風のお鍋のこと。入っている具は白菜やネギ、エノキ、椎茸などのなじみの野菜から、豚肉、海鮮、練り物など、日本でもなじみの食材ばかり。それらを出汁で煮込みタイ風味のソースで頂く。お好みでニンニクや唐辛子を自分で加えるため、辛いものや香辛料が苦手な方にも比較的食べやすく、大勢で楽しむにはおすすめだ。

ミーヨク

ミーヨク

 タイでは小さな子どもから大人まで人気の緑の麺「ミーヨク」。あんかけパスタの麺を食べているような不思議な風味だが、クセになる味わい。ソースやスープを加えたり、ローストダックなどとあわせて食べると相性抜群。


タイスキ、ミーヨクが食べられるお店 MKレストラン(バンコク中に支店があり、ショッピングモールなどに入っている)

海老火山(グゥン・オップ・カオ・ファイ)

海老火山(グゥン・オップ・カオ・ファイ)

 味もさることながら、火山に見立てた蓋が火を噴くパフォーマンスに驚かされる名物料理海老火山。ぷりっとした海老の歯ごたえと、香ばしく焦げたナンプラーが食欲をそそる逸品。頭の後ろにある海老の味噌とともに豪快にかぶりつけば感動の旨さが広がる。

雷魚(プラー・チョン)

雷魚(プラー・チョン)

 素揚げにした雷魚を数種類のスパイスを加えたスープとともに煮込む。香辛料のためか臭みも少なく、柔らかい白身魚のイメージで美味しくいただける。思いのほか香辛料の味わいが強く、見た目も伴うため、平気な方には挑戦してほしい一品だ。


海老火山・雷魚が食べられるお店 グゥン・オップ・カオ・ファイ(ナコンパトム市内国道4号沿い)

企画・制作/中日新聞広告局

2015年05月11日

旅コラム
国内
海外