【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中東・アフリカ
  5. カイロ 中東でも日本アニメ

カイロ 中東でも日本アニメ

2014年05月12日

 まるでロックコンサートのような熱気だ。数百人が詰め掛けたエジプトの首都カイロの会場。若者らが熱唱していたのは、日本のアニメソングだった。

 カラオケが一般的でなく、歌い慣れていないせいか、決して上手とはいえない出演者もいる。それでも耳で覚えた日本語で陶酔して歌う。愛好家らが初めて企画した、手作りの祭りだ。

 きっかけは、国際交流基金カイロ日本文化センターが昨年、日本の漫画やアニメなどを紹介した行事。刺激を受けた地元の若者らが、今年は自分たちの手で開催にこぎ着けたという。

 会場でアニメの登場人物に扮(ふん)する「コスプレ」を楽しんでいた大学生セイフさん(19)は「日本のアニメは筋書きが素晴らしく質が高い」と絶賛する。

 文化センター所長の高橋正和さん(48)は「エジプトは素人が自己表現をする場が少ない。歌ったり、描いたりするのを他人に見てもらいたいという願望にも、合ったのでは」と話す。

 これまで日本のイメージは侍、着物、格闘技、それに質の高い車や電化製品といったところだ。世界で浸透する日本アニメはイスラム圏との距離も、ぐんと縮めつつある。 (今村実)

旅コラム
国内
海外