【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From那覇 お気に召すまま 気のむくまま沖縄
  4. 古宇利島絶景ポイント

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

ブログ 観光地ブログ

旅ブログ 観光地ブログ
From那覇 お気に召すまま 気のむくまま沖縄観光地ブログ

← 前へ 一覧

古宇利島絶景ポイント

2018年1月31日

この冬は寒波の影響で東海地方もものすごく寒かったようですね。沖縄も一瞬あられが降る日がありましたが、それでも平均15℃は超えているので、観光にはいい季節ではないかなと思います。

沖縄の人気観光地の古宇利島。以前、古宇利大橋からの景色などを紹介しましたが、(そのときのブログはこちら→http://tabi.chunichi.co.jp/blog/okinawa/2013/04/post-43.html)今回は新しい絶景スポットを紹介します。

古宇利大橋の手前にある「美らテラス」.。赤瓦とハイビスカスが青空にはえてきれい。

ちゅらテラス (4).JPG

ここは、レンタサイクルの貸し出し、飲食店などがあります。定番の沖縄そばや海ブドウ丼もありますが、人気のラフテーバーガーや、熱々サーターアンダギーに冷たいブルーシールのアイスクリームをはさんだサーターアンダギーバーガーもぜひ。

ちゅらテラス (1).JPG

海側にあるテーブル席は、エメラルドブルーの海と古宇利大橋の絶景を見ながら食事やお茶ができ、リゾート気分満点です。

ちゅらテラス (3).JPG

ちゅらテラス (2).JPG

美らテラスの詳細はこちら→http://churaterrace.com/

古宇利大橋を渡って右手に行ったところにある古宇利オーシャンタワー。高台に白亜の建物が建っています。

受付の後は、自動運転のカートで上に登っていきます。自動運転ですが、運転好きなお子さんはハンドルを握って運転手気分も楽しめます。カートはゆっくりと、海を見下ろしながら亜熱帯特有の木々や花の間を抜けて進みます。

オーシャンタワー (1).jpg

オーシャンタワー (2).JPG

オーシャンタワー (3).JPG

オーシャンタワー (4).JPG

カートを降りると、貝の博物館を抜け、オーシャンタワーのメイン、展望フロアにあがっていきます。ここからはエレベーターと階段での移動になります。2階、3階の屋内展望室からの風景は、まるで絵か写真のよう。

オーシャンタワー (5).JPG

そしてオーシャンタワーの屋上まであがると、息を飲むようなオーシャンビューの絶景が広がっています。

オーシャンタワー (6).JPG

屋上にある「幸せの鐘」。古宇利島は「恋の島」とも言われているようで、一緒に鐘を鳴らすカップルがたくさん。

オーシャンタワー (7).JPG

絶景レストラン、売店もあり、レストランと売店だけの利用もできます。ただ、その場合にはカートは使えないので、下から徒歩であがらないといけないので注意してください。

古宇利オーシャンタワーの詳細はこちら→https://www.kouri-oceantower.com/

 

最後は、島の反対側のほうになりますが、嵐のCMで人気になったハートロック(ティーヌ浜)。

近くには有料駐車場が設置されています。駐車場からは結構足場の悪いがけのようなところも歩くので、ハイヒールなどや、ご年配の方、小さいお子様連れなどはじゅうぶん注意してくださね。

ハートロック (1).JPG

小さい砂浜からハートロックが見えます。波で自然にできた不思議な形の岩が2つ。砂浜に降りて一番右手まで行くと、岩と岩が重なってそこには逆ハートがあらわれます。

ハートロック (2).jpg

この時期の沖縄はマリンスポーツなどには寒いけど、ドライブがてら素敵な景色を見て楽しんでくださいね。

← 前へ 一覧

取材担当プロフィール

田辺 里美

南国リゾートが大好きで、2002年に家族で沖縄に引っ越し。
本島内を中心にくまなく遊びながら情報提供しているうちに、観光関係(特に家族旅行)を中心としたライターの仕事も受けるようになる。
趣味はシュノーケルと食べ歩きと旅行。食べ歩きのせいか、どんどん横に大きくなるのが悩みの種。離島へのミニ旅行が楽しみで、特に宮古島と阿嘉島が好き!
息子たちが巣立った後は、夫と小さい民宿を開くのが夢。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ