【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. ニューヨーク 乗車交渉も多角的に

ニューヨーク 乗車交渉も多角的に

2009年11月07日

 「国連? ダメダメ。ごめんだね」。またもや1台、無情なイエローキャブが通り過ぎた。

 年1回、世界中の首脳が集う9月下旬の国連総会。今年はオバマに鳩山、カダフィ、チャベス、アハマディネジャドと国際ニュースの「顔」がそろって大にぎわいだったが、国連周辺の交通は大渋滞となり、タクシーがつかまらず、実に往生した。

 こちらも必死。途中まででいいから乗せてくれと懇願。助けてくれたのはセネガルとバングラデシュの運転手。前者はサッカーの日韓ワールドカップ(W杯)で母国が大活躍したこと、後者は国旗が日の丸と似ていることなどで盛り上がり、国連まできちんと乗せてくれた。ありがたかった。

 ニューヨークの運転手の国籍は中東や南アジア、アフリカ、東欧などさまざま。まさに国連並みの多様さだ。外交官でなくとも、この街では交渉が不可欠、と実感した。 (加藤美喜)

旅コラム
国内
海外