【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. オセアニア
  5. アピア 本末転倒 警戒レベル

アピア 本末転倒 警戒レベル

2009年08月27日

 南太平洋のフィジーから空路約2時間、島国サモアの首都アピアへ。到着するとすぐ、サモア保健省の係官らがマスク姿で機内に乗り込み、新型インフルエンザの症状を問う問診票を配った。

 空港建物入り口では一人一人呼び止め体温と脈をチェック。異常がないと確認され、やっと放免された。未明の到着便だったが、ホテルに着いた時、空はもう白んでいた。感染者が確認されたニュージーランドとの往来が多いため、チェックを厳重にしたらしい。

 おおらかな南太平洋の国々だが、国土が狭くいったん持ち込まれるとまん延しやすいためか、衛生面では神経質。フィジー・ツバル間の機内では、乗務員が乗客の目の前で殺虫剤を噴射していた。

 これに対し、厳しいと覚悟していたニュージーランドの出入国では問診票のみで、拍子抜け。インフルエンザ騒ぎ中でも、大勢の観光客が訪れ、細かいチェックをする余裕がなかったためだろうか。 (熊倉逸男)

旅コラム
国内
海外