【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中国
  5. 南京 反日感情やわらぐ道

南京 反日感情やわらぐ道

2010年05月14日

 日本の資金援助で中国・南京に完成した「日中友好柔道館」での初げいこ。五輪金メダリストの山下泰裕さん(52)が正座して向かい合い、柔らの道を説き始めると、中高生らは徐々に腰を上げて前のめりに。話に夢中なのかと思いきや、正座が苦手なだけだった。

 とはいえ、2時間の練習は真剣そのもの。「難しいことは分からないが、柔道を通じて日中が仲良くなれれば」と蔡●さん(15)。

 柔道館の壁には、日中双方の国旗が掲げられた。旧日本軍の「虐殺」が語り続けられる南京で「日の丸」の常設は異例だ。山下さんは「柔道家として、両国の国旗が並ぶ方が自然だ」と言い、中国側も応えた形だ。

 上海の知人が「反日感情は上海の5倍」という南京だが日本のすべてが敬遠されてはいない。たこ焼き店「日の船」。中国人にとって「の」の字は形がかわいく見えるそうだ。3個で6元(約80円)。タコは小さいが味はなかなかだった。 (小坂井文彦)

(注)●は王ヘンに「其」

旅コラム
国内
海外