【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アジア
  5. ダラパナン 武装し「はいチーズ」

ダラパナン 武装し「はいチーズ」

2010年07月21日

 「待て。撮影許可はあるのか?」。フィリピン南部ミンダナオ島にある反政府武装勢力モロ・イスラム解放戦線(MILF)の本拠地キャンプ・ダラパナン。厳しい顔の兵士がカメラを制した。

 キャンプで幹部を取材し森のデコボコ道を帰る途中の検問所。過去に撮影を断られたことはなかったが、銃を握り締めた彼は「聞いていない」と真剣な表情を崩さない。

 「反政府ゲリラ」と位置付けられるMILFには「メディアは政府寄り」との不満が渦巻く。彼の冷たい視線にもメディアへの不信感を感じた。

 幹部に電話し兵士と話してもらうと、人のいい本領を発揮。部下に指示すると、機関銃やRPG(携行式ロケット弾)を抱えた武装兵がぞろぞろ現れて整列。「さあ、撮れ」。自然な検問風景を撮りたかったのに-と苦笑しつつ直立してカメラを凝視する兵士たちに、それ以上の注文は出せなかった。

 (吉枝道生)

旅コラム
国内
海外