【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中国
  5. 天津 騒動慣れてしまえば

天津 騒動慣れてしまえば

2010年12月17日

 天津市で行われたイオンモールの開店セレモニー。美女が太鼓を乱打する中、同社社長や市幹部らのテープカットを彩るための紙を風圧で飛ばす送風機1台が故障した。片側だけから吹き出された金銀の紙がロビーをひらひら舞った。

 晴れの舞台。日本なら大問題だが、来賓は何事もなかったかのように笑顔でセレモニー終了。

 店内では開店当日というのに、玄関天井の照明を、はしごを上って取り付ける工事中。未開店のテナントも多い。壁のペンキははみ出ている。施工は素人目にもいいかげんだ。イオン関係者は「当然、施工指示書などで期日も指導しているのですが」とあきらめ顔だ。

 しかし、中国のお客さんは細かいところはお構いなし。物価高騰の折、米や小麦、肉の特売に突進し、奪い合いの大騒動。がちがちの完成形を求める日本よりも、少し遊びがある中国は見てて飽きない。(安藤淳)

旅コラム
国内
海外