【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. ロンドン ハグくむ世界の平和

ロンドン ハグくむ世界の平和

2015年04月22日

 ロンドンのテムズ川にかかる橋の上に、日の丸の小旗の付いたボードを掲げる男性がいた。手書きで「FREE HUGS」とある。フリーハグは、見知らぬ人々とハグ(抱擁)をして友好や平和を訴える活動だ。

 この人はワーキングホリデー制度で2月にロンドンにやってきたという大阪出身の木原祐輝さん(26)。会社を辞めてアジアを中心に旅する中で、フリーハグを知った。「笑顔は平和の源。世界平和のために、自分にもできることがあると思って」。仕事が休みの日に、観光客でにぎわう一帯に立っている。

 バングラデシュ人やスペイン人、子どもも大人も両手を広げて、笑顔で木原さんに近づいていく。フリーハグ自体が知られていないアジアの国々では、不審がられて苦労したというが、「ロンドンでは1時間で100人ぐらい応じてくれる」そうだ。

 ふと、パトロール中の警官が駆け寄ってきた。「ここは公道。通行の邪魔だ」と注意するかと思いきや、木原さんを背後からぎゅっとハグし、にやりとして去っていった。周りも思わず笑顔。小さな平和は、こうして日々生まれているのかも。 (小嶋麻友美)

旅コラム
国内
海外